漢方・自然薬による相談薬局。中高年の慢性病治療・予防、女性のうす毛・育毛・美容・ダイエットなど…。お気軽にご相談ください。  
 
ホーム ご案内 悩み相談 育毛 美容 ダイエット スタッフブログ 商品紹介 お問い合わせ
 
  TOPページ美容 > 化粧品がシミ・シワをつくる  

美容
美容メニュー
 
もっと積極的に美しく
   
   
化粧品がシミ・しわをつくる
   
   
もっと深いところから
   
   
こんな症状は
   
   
トータルバランス美容
   
   
肌に必要な物がわかる
   
   
洗顔の目的
   
   
水が危ない
   
   
タカトリ薬局美容案内
   
 

化粧品・化粧法がシミ・シワをつくっている
 
化粧品が悪いのではない
 
お肌のトラブルの多くは化粧品のせいではなく、「じぶんに合った化粧品を選んでない」ことと「じぶんに合った手入れ法をしていない」ことから、しわ、シミ、くすみ、肌荒れ、むくみ、毛穴が広がる、赤ら顔、目の周りの くま、深いしわ、 などが進行し、年齢より老けて見えるなどの状態になることが多い。
 
ずいぶん損をしている
 
〔写真〕高価な化粧品を使っているのにもったいない、ちょっと手入れを変えれば見違えるほどの肌になるという人をよく見かける。
本人はメークでカバーしているつもりでも、明るいところや日光の下ではもろにそうした症状が現れてしまう。
メークでカバーするよりも、素肌をきれいにする手入れをしてほしい。
 
肌には個人差が
 
乾燥肌、脂性肌、ふつう肌とか、敏感肌など、表面的な状態だけで化粧品を選ぶのはおかしい。
いちど専門家のカウンセリングを受けて、自分の肌の特性と手当法、それにひつようなお手入れ品を指導してもらったほうがいい。
35歳くらいまでは「もって生まれた肌特性」で勝負できるが、それ以後は「お手入れ」により大きく差が出てくる。

〔写真〕 同窓会で会って、「いつまでもきれいね」といわれるか、「苦労したのね」と同情されるか、歳とともに素肌年齢の差が大きくなっていく。
体質による自分の肌の未来を予測し、それを予防する手当を組み入れておくと、年を取るほどいつまでも若い肌が保てることになる。
いまの化粧品は進歩しているので、お肌や体質にあった使い方を続けていればアンチエイジングは可能だ。
 
 ページトップへ戻る
 
 
〒840-0815  佐賀県佐賀市天神2-5-2
お電話:0952-23-4563 / フリーダイヤル :0120-39-4563 / FAX:0952-26-7891
営業時間:AM9:00~PM7:00 / 定休日:日曜日・祝日
Copyright:(C) TAKATORI PHARMACY(タカトリ薬局)2008. All Rights Reserved.
サイトマップ個人情報保護法について
このサイトをご覧になるには、最新のFlashPlayerが必要です。 Get ADOBE FLASH PLAYER