漢方・自然薬による相談薬局。中高年の慢性病治療・予防、女性のうす毛・育毛・美容・ダイエットなど…。お気軽にご相談ください。  
 
ホーム ご案内 悩み相談 育毛 美容 ダイエット スタッフブログ 商品紹介 お問い合わせ
 
  TOPページ美容 > 洗顔の目的  

美容
美容メニュー
 
もっと積極的に美しく
   
   
化粧品がシミ・しわをつくる
   
   
もっと深いところから
   
   
こんな症状は
   
   
トータルバランス美容
   
   
肌に必要な物がわかる
   
   
洗顔の目的
   
   
水が危ない
   
   
タカトリ薬局美容案内
   
 

洗顔の目的
 
目的を勘違いしないように
 
〔写真〕30年前なら洗顔の主な目的は汚れを落とすことだったが、現代は他の目的が主流になってきた。
したがって洗顔料の選び方や洗顔の方法も再チェックして、いまのメークや状態に適した洗い方をしないと皮ふの老化は促進される。
メークを落とす(クレンジングでは落ちない成分)、皮脂の除去、皮膚のきめを整える、緊張をほぐす、気・血・水のバランスを整える、 刺激を和らげる
メークの成分「油脂+粉+金属」が皮脂や汗、汚れと混ざり合って、長時間にわたり皮膚を塞いでいるので、皮膚はすごく疲れている。
また汗や皮脂、汚れ、メークで皮膚は常に刺激を受けている。
こうした負担(マイナス)を取り除き、皮膚のエコロジーを回復してやる第1歩が洗顔なのだ。
だから洗い上がりがいいとか、しっとりするなど感触を重視した洗顔料の選び方は間違っているといえる。
乾燥肌でも、どちらかといえば皮ふがすこしつっぱるくらいよく洗った方がよく、あとからすこし保湿成分を補えばいい。
 
現代の洗顔は「泡」で洗うのが基本
 
石けん洗顔がいいといわれるが、石けんもいろいろな欠点を持っており、現代人は「皮ふが弱く薄く」なっているので、石けんや洗顔料を 手で泡立てて使う(不完全な泡立てかたやこする行為)のは、刺激が多く危険がともなう。
よく泡立てて使ってますか?
泡だけで洗うのと、洗顔剤の原液が混ざっているのとでは皮ふ刺激や残留度が大きく違ってくる。
だから「泡」が出てくるタイプの洗顔料のほうが、美容には有利といえる。
(とくに子供、年配、敏感肌、アトピー、トラブル肌など)
 
洗顔成分が皮溝(皮膚のすきま)に残っています
 
皮ふには皮溝といって凹みがあるし、角質にはすきまがある 、毛穴や汗腺にはくぼみがある。
そのすきまに石けんや洗顔料が残留して、皮ふを刺激したりダメージを与えて老化やトラブルの原因となっている。
〔写真〕この洗顔料の残留は、荒れ肌のほうがより多く、よく泡立てない洗い方やすすぎ不十分の洗い方をする人ほど刺激を強く受ける。
結論として、泡で洗顔する、メークや皮ふの状態を考慮した洗顔法をマスターすることで素肌は大きく違ってくる。
 
ケアウォッシュのご紹介
 

〔写真〕天然のビートやサトウキビ、シルクから生まれた洗浄剤を「泡状」にして、それで洗うことで皮膚(肌)にやさしい洗顔料が生まれました。

こんな肌の方におすすめします
肌の弱い方・肌荒れの方・乾燥肌の方・アトピー肌の方・素肌を大切にする方

【ケアウォッシュ 】210ml 3,800円(税別)

 
 ページトップへ戻る
 
 
〒840-0815  佐賀県佐賀市天神2-5-2
お電話:0952-23-4563 / フリーダイヤル :0120-39-4563 / FAX:0952-26-7891
営業時間:AM9:00~PM7:00 / 定休日:日曜日・祝日
Copyright:(C) TAKATORI PHARMACY(タカトリ薬局)2008. All Rights Reserved.
サイトマップ個人情報保護法について
このサイトをご覧になるには、最新のFlashPlayerが必要です。 Get ADOBE FLASH PLAYER